together with global breathing

こころが動いたことを綴ります。永遠に地球が平和でありますように。

雀雲(じゃくん)先生との水曜日

出かけるときは何たって晴れの日がいいに決まってる。
しかし願掛けや参拝の時こそ雨や霧だったりする。
雀雲先生からのハピバドライブも、包まれるような雨粒の空だった。

f:id:kosui278:20190829140441j:plain

埼玉県坂戸市にある道教のお宮、聖天宮(せいてんきゅう)。
http://www.seitenkyu.com/
おなじみの聖天(しょうてん)さんではない。
TAOに慣れ親しんだ方なら一度はお参りに来たことがあるでしょう。

5000体の龍が掘られ金ぴかの社は圧巻。
5mある一本の石柱は透かし彫り、6本作るのに何年もかかったと。
天井は釘をつかわない組木式。吸いこまれそうです。

f:id:kosui278:20190829141343j:plain

係のおじさんが滑らかに説明をくださって、
そのまま滑るように台湾式の参拝へ持ち込まれる。

500円をお納めし、お線香を3本いただく。
心から願い事を念じ膝をついて12回礼拝。

御本尊は三清道祖(さんせいどうそ)
道徳天尊(どうとくてんそん)道徳を司る神:良縁成就、夫婦円満、など
元始天尊(げんしてんそん)天地創造の神:病気平癒、商売繁盛、合格成就、など
霊寶天尊(れいほうてんそん)魂魄を司る神:魂魄調和、精神安寧、怨霊除去、など

髭がながい!!にこやかで怖くない!!

陽の力を表わす鐘楼では鐘が、陰の力を表わす鼓楼では3時に太鼓が鳴る。
陰陽のバランスがとれるようになっています。

祭日は世界中からコスプレーヤーが集まりイベントも開催。
イタ車で駆けつけるライダー達の聖地でもあります。

雀雲先生、思わず三昧に入りそうになっておられました。

f:id:kosui278:20190829143742j:plain

一件目でかなり満腹ですが雀ブラリ旅は続きます。

おつぎは昭和47年に大判小判109枚がみつかったという
三満山、虚空蔵尊へ。
本尊は能・智・福、を表わす3体の虚空蔵菩薩行基作)。
こちらも現世利益か、と思いきやそうでもないほどの古刹っぷり。
3月にだるま市が行われるそうです。

f:id:kosui278:20190829144606j:plain

狛犬丑寅
虚空蔵が守護尊の干支?初めて見ました。

f:id:kosui278:20190829144729j:plain

f:id:kosui278:20190829144803j:plain

ここで車に戻ったら昔のクライアント様からメールが。
お仕事の再依頼と未払い分を振り込んだ旨の内容。
効果絶大!ありがたや~。
小判が降ってきたかのようなタイミングに頬が緩みます。うしし。


さて気持ちを引き締め次なる聖地は役行者
昨夜からの雨で足元が悪いため裏山から登ろうと山道へ。
しかし濃霧と気温低下、天候悪化のためハイキングルートを確認したのみで
そこから遙拝とあいなりました。

また必ずお参りにきます。南無神変大菩薩
おんぎゃくぎゃくえんのうばそくあらんきゃそわか~。

安全運転で黒山三滝へ。
http://www.town.ogose.saitama.jp/kankonavi/meguri/1450770452867.html
ビートルズがかかる元黒山鉱泉館のカフェで一服。
深紅の巨大なハートとLOVEのオブジェ。
滝場の霊気と相まって混沌感半端在りません。

f:id:kosui278:20190829145320j:plain

増水している天狗滝。テニスで鍛えた雀雲先生の足取りは軽い。

f:id:kosui278:20190829151125j:plain

男滝・女滝、どちらも凄まじい爆風。
ずーっと浴びていたい飛沫に心身とも癒されました。
お不動さんへの祈りも永遠に読経できそう。

お師匠亡きあと、雀雲先生はここへは足を運んでいなかったそうです。
色々な思い出がよみがえってきますね、と懐かしそうに話しておられました。


大学の卒論で易学をまとめられたほど、
お若いころから占断には造詣が深い雀雲先生。

9月29日開催の新月・夜会に登場されます。
タロットカードで軽やかにしかし鋭くお伝えくださるチャンスです。
どうぞお見逃しなく。


光翠の占いバーvol2 「弾ける金星、尽くす月」
2019年9月29日㈰、17時~ 新月・夜会を開催いたします。
皆さまのお申し込みを心からお待ち申し上げております。
http://hosi-no-rasinban.net/page5.html

f:id:kosui278:20190829153548j:plain



乙女座祭り

来たる2019年8月30日19時36分、乙女座にて新月を迎えます。
偏りながら調和している星模様を読んでみたいと思います。

この時乙女座にいるのは・・
月、太陽、水星、金星、火星。
身近な星が大集合です。
人生の軌道に沿った才能が現実的に現れていきます。
乙女座らしい細やかさが受け入れられやすく、
重箱の隅をつつく箸さばきも心地良いBGMとなるでしょう。

ここ数年どっかり腰を落ち着けている重たい山羊座
土星冥王星
存在感抜群ですが帯同に慣れた感じがあり、乙女座と調和しています。
なぜなら彼らはサインのピークをゆっくりと下っているからです。
社会的なきっちり感から、お宅のお家騒動は?と視点が内むきに変わります。

天王星は牡牛座7度。
華々しい変化は感じにくいかもしれませんが
着実に食・美・個々の感度、これらの変化はひたひたと進んでいます。
乙女座の過活動へ新しい視座を授けてくれるでしょう。

f:id:kosui278:20190826170834j:plain

10惑星のうち8つが土の星座に。
残り2つは柔軟宮に(木星が射手座、海王星魚座)。

物事がスムーズに形になりますが、過剰になりがち。


限界は自分で設定しています。
枠や安全がベーシックな価値観にあるのが優等生乙女座。
制限がない世界へ足を踏みいれるなんて考えられないのに
この時ばかりは盛大なお祭り騒ぎの最中に神隠しに合うでしょう。

リミッターを外した乙女座は、とても不器用でエゴに忠実。
自分の官能的な一面に恥じらいながらも気づいていく、
そんな、花びらが一枚また一枚と開かれるような体験をするかもしれません。


この新月に何を願いますか?

f:id:kosui278:20190826172129j:plain

医療、労働、奉仕、健康、衛生、慎ましさ、機能性、質素で上品、
効率、知性、分析、心配、目標は天井知らず、潔癖、自責、言語、
完璧主義、緊張、オタク、利他、ペリドット、豊穣、庭いじり、・・・
これらに関することを、何か始めてみるのもいいかもしれません。

なにせ作って作って生み出すのが得意です。
その集中力を生かせば始めたばかりのこともセミプロ級に上手に仕上がるでしょう。
形を意識した時に現実的なサポートがばんばんやってきています。

突拍子もないことであっても時間をかけて取り組む、
始めた時のビジョンを常に新しくキープして思い描く、
達成したときのご褒美を具体的に用意する、
など現実的に、生活に根差したことでモチベーションを保ちましょう。
身の丈に応じた範囲から、一歩上のランクを願いましょう。

乙女座が持つ稲穂が象徴するように豊かさがもたらされます。
少しおおげさに才能を認めてあげてください。
何倍にもなって見えるような形で返ってきます!


このフローは来年の山羊座祭りまでひっぱると
自己満足に終わらず、周りが認めてくれるようになるでしょう。
息長く取り組んでみる価値のあることだ、と星は告げています。

f:id:kosui278:20190826174652j:plain


あまねく一切の皆さまが、星のご加護を受け取れますように。

9月29日は天秤座新月
星を語る夜会を開催します。
パートナーシップでヒントを得たい、
月星座の活かし方を知りたい、という方はお申し込みください。



光翠の占いBar vol.2 新月夜会

ときは新月。天秤座6度。

サビアンシンボル「男の理想が多くの結晶に変わる」

f:id:kosui278:20190808210712j:plain

開催概要
日時:2019年9月29日(日)17時open 22時close (last order 21時半)
場所:Player’s Bar「R」 https://playersbarr6.wixsite.com/playersbar-r
文京区千駄木2丁目43−2・鈴木ビル2F(千駄木駅徒歩5分)
参加費:4500円 (当日お申し込み、 5500円)   定員:20名ほど


first guest  占星術家 東海豊 http://hosi-no-rasinban.net/index.html


東海さんから以下メッセージをお預かりしています。
------------------------------------------------------------------

「弾ける金星・尽くす月」~月の活かし方を語る~
天秤座の新月では「月」を語ります。
前回の夜会のテーマの金星が「女子」だとすると、今回の月は「妻」や「母」を表します。
ものすごく奔放な金星を持っている人でも、月は極めて淑やかな人もいます。
反対に、献身的な金星を持っていても、月は肉食系の妻もいます。
占星術では、どちらかを優先するではなく、両面を活かしていくことが、
女性としてより輝いていくことに直結します。
2回目の夜会では、一人一人の「月の個性」について、金星と対比しながらお話ししていきます。
9/29は天秤座の新月です。天秤座はパートナーシップを司るサインですから、
月を語るには最適な夜でしょう。皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

東海 豊


------------------------------------------------------------------

なお、お話は二部制になっておりますが入れ替え制ではございません。
第一部:17時30分~(約45分) 第二部:19時45分~(約45分)


second guest  タロットリーダー雀雲(じゃくん)
個別タロットリーディング 17時半~21時ごろ

旧まんだらや密教研究所にてカモワン・タロット修了。
カードの読解には定評があり、具体的かつ的確なアドバイスで性別も年代も超えファンの裾野を広げ活躍中。
(参加費別 20分/2000円、先着7名様のみ)
夜会テーマに沿った質問に雀さんがズバリ!宣託をくだします。
*事前予約の方を優先します。こちらまでお申し込みください。


★各種ドリンク・軽いフード 各500円 キャッシュオンデリバリー
バーのオーナー塚本氏が腕を振るい、フードはお酒に合うものを揃えています。

ドレスコード
ご自身の月や金星、どちらかを表現するようなお召し物を。
また今シーズン最後になる?浴衣も大歓迎です!
日曜日の夕方から、少しお洒落をしていらっしゃいませんか?
余興ですのでどうぞお気軽に。もちろんそのままの皆さまでもウエルカム!

会とタロットのお申し込みは光翠のFBかHPまでメールでお願いします。
その際、初めて夜会へご参加の方は生年月日と出生時間、出生場所を添えてください。
(正確なお時間がわからな場合はその旨をお伝えください)

お振込先、リマインドなどは追ってご連絡いたします。

定員に達し次第キャンセル待ちを受け付けますのでお早めにどうぞ!
紳士淑女の皆さまのお越しを心からお待ち申し上げております。





Dream Cafe  ~お盆を過ぎたころ~

地獄の窯が開きます。
夢の窯も覗けば誰かが見つめかえしてくれたかも・・
夜見る夢をシェアしましょう。

 

2019年8月18 日(日)15~17時 参加費1000円 定員5名ほど 
自由ヶ丘 nu-cafe にて http://nucafe.jp/

FBかHPからメッセージをお寄せ下さい。
カフェですのでドリンクは実費でオーダー願います。
以下のグランドルールをご了承の上参加表明をしてください。

f:id:kosui278:20190727150707j:plain



 グランドルール
1、守秘義務の順守(録音はお控えください)。
2、聴く姿勢、思いやりのある質問、お相手の理解が進むような言葉かけを。個人的な思想の強要や説得はお控えください。また無理に共感する必要はありません。温かく見守ってください。
3、夢を扱う性質上、開催時間内はアルコールのオーダーはお控えください。
4、治療やカウンセリングではありません。心身の不調がある場合は参加を推奨いたしません。

 

 

8月の星読み

個人鑑定のおしらせ。
2,9,16日(金)19~22時 5000円/h

ご予約はFBかHPからお申し込みください。

https://mabul-earth.jimdo.com/

場所:「nu-cafe」http://nucafe.jp/

遠方の方はスカイプでもセッションを行っています。

お気軽にお問い合わせください。

f:id:kosui278:20190727150151j:plain

18日(日)は Dream Cafe 予定です。

 

トルコ 備忘録

 少しだけトルコ旅のことを書きたいと思います。

f:id:kosui278:20190727160833j:plain

親日の国トルコ。

そんな漠然としたイメージしかなかった地に立つことがあろうとは。

 

2019年5月に催行された聖なる女神巡礼の旅に参加してきました。

YUUKAさんの夫、ギョカン君によるとトルコは女神たちの土地として知られ、
多くの神殿や遺跡も残っています。

エデンの園は、現在のトルコ、シリア、イラク、イラン、に当たるところ。

しかしここでの女性性は何十世紀にもわたり抑圧され続けている、と。

 

この旅では個人的統合が進むのと同時に

訪れた地で祈ることで女性性と男性性の釣り合いがとれるように意識しました。

 

ここで敢えて断りますが、

女性性とは、寛容や労わり、優しさ、受容性、柔らかさと柔軟さ、感覚・情念、育む、内包する、をなど

男性性とは、力や強さ、鋭さ、厳格さ、情報や思考、直感・決断、冷静さ、などを

つまり、象徴的に表わしています。

 

どんな人の中にも女性性と男性性があり、それぞれを時に応じて使い分けています。

良い悪い、というカテゴリーから少し離れてそれぞれを対等で扱っていく、

そういう意識です。

 

 

f:id:kosui278:20190727163918j:plain

例えばオベリスク。スルタンアフメットにありました。

これは大地から垂直に上るエネルギーにも見えます。

神社の千木も、立てにのびるは男神(天)、横に広がるのは女神(地)。

国力を見せつけるためにエジプトから運ばれてきたのでしょうか。

 

無意識にパワーがあるものが素晴らしい、と思ってしまうかもしれません。

私たちはしらずしらず、そのような時代を歩んできました。

その先に今があるために、たとえ歴史は勝者の記録であっても感情的になるのは早計です。

どのように知らされてきたのか、分析的かつ冷静に自分の目でみていきましょう。

 

しかし、日本とは全く違う磁場の影響を肉体は受けているため、体の声を聞くことも忘れずに。

 

内なる男性性と女性性の使い分けをとにかく心にとめておくこと。感じること。

ただそのままに、感じてみようということ。

 

 

f:id:kosui278:20190727165151j:plain

どこを歩いても柔らかなムード。

犬や鶏、猫やロバに会っても、今が青春と言わんばかりに咲き乱れる花々も

どんな存在でも許されるような、調和そのものの村、シェリンジ。

育む母の懐で遊ぶような、安心しきった子供のように過ごすことができました。

インナーチャイルドも同じように大切にしていこう、ふっとそう感じる時間でした。

 

 

f:id:kosui278:20190727165557j:plain

アルテミス神殿の跡地。ここな女性性のなかにあるはつらつとしたパワーを受け取りました。

甲冑をつけ旗を翻す女神のような。

知恵と迅速な判断に基づいた策略もあり強い、でもそれだけではない。

女性性におけるパワーとは、一体どんなものなのでしょう。

 

 

f:id:kosui278:20190727165849j:plain

コンヤのルーミー廟には世界中から多くの信者が集まっていました。

イスラム神秘主義の凄烈さ、その研磨しきった剣のような清潔さに合意したうねりを全体から、

ルーミーからは眩い父性を、

周囲に弔われている弟子たちからは生々しい息吹を、

ただそのまま、できるだけそのまま逃げずに受けとめました。

めきめきと、脳の奥深くで男性性が疼いてきます。

 

 

f:id:kosui278:20190727170655j:plain

ここで完全に内なるバランスを崩し、セマーを観覧できなかったことが悔やまれます。

しかし、しっかり心身ともに休ませたことで早朝から復活しルーミーのソウルメイト、シャムスッディーン・タブリーズィーの墓を再訪。

ルーミー廟から離れて祀られています。弟子たちのジェラシーゆえに。

しかし彼らにそんなことは関係ありません。

 

ここでは第二チャクラが温かく感じられ、肉体レベルにまで癒しが入ってきたように思えました。

 

男性性における癒しとは、どういうもののことをいうのでしょう。

考え続けていくテーマの輪郭をつかめそうでつかめません。

 

 

f:id:kosui278:20190727171409j:plain

カッパドキアに至る道すがら、どんどん蟻のような地底都市が見えてきました。

視力が弱く一つ目の、とても同種と思えない小柄なものたちのイメージ。

あくまでイメージだけれど現在の人類から遠のくように思えました。

 

あちこちで祈りの時間をもつために、ますます場の存在を無視できなくなります。

そのために来たのだから、受け入れてもらえたことの喜びがしみじみと寄せてきました。

しかしとうに未体験ゾーンです。

どう振る舞っていいのか考えないといけないくらいに、普段の自分が削がれていきます。

 

土地の物を食べ、飲み、浴びるだけではない、もっと遠いところからの共鳴。

初めて会った人に懐かしさを感じるような馴染みやすさと、

ずっと知っていた中に見知らぬエッセンスを発掘するような。

これが統合への道なのでしょうか。

 

 

f:id:kosui278:20190727172011j:plain

アヴァノスのホテルは、エキサイティングなことばかりで簡単に休ませてはくれず

遊ばれたなーと思いながら過ごしました。

満月とワインだけではないマジックに、悠久の存在へ思いを馳せました。

 

 

f:id:kosui278:20190727233711j:plain

 セブンテンプルへ。北斗七星を思わせる寺院跡。

追えないくらい、最後に手を合わせたのはいつだろうかと思うほどの静けさと、

近寄れないものたちのざわめきが同居していました。

皆が協力して掃除をし、全身全霊で心を込めました。お香やお経、マントラと踊り、音。

f:id:kosui278:20190728000019j:plain

ここで過ごしたこと、どこを思いだしてもかつてない新鮮さで繰り返されます。

思考と意思、こころがない交ぜになった思いが今もくすぶっています。

かけがえのないこの数時間の滞在を

ここに住む子供と同じくらい、大切に向き合っていこうと思います。

 

 

f:id:kosui278:20190727234430j:plain

その存在を知ってからとっても訪れてみたかったギョペクリテペ。

12000年前、宗教的まつりごとを執り行っていただろうという遺跡です。

 

ここでは遠足の児童たちとバッティング。

にぎやかに話しかけてくる子供たちと共にいて、どんな風に瞑想できるだろう・・と思いきや

ホテルで余分に荷物を積みこんでしまったハプニングで時間調整。

最高のタイミングで全員で遺跡を囲み祈ることができました。

 

遺跡が宇宙と繋がるポータルであるという白昼夢をみることに。

空気がなくても四方に美しいタルチョがたなびいていました。

 

ここは良く知っていたところ。

後になるほど強まる思いこみ。

危うい、うっかり陶酔しそうです。

 

 

f:id:kosui278:20190727235430j:plain

 遺跡を発見するきっかけになったホワイトマルベリーの樹。

愛おしい樹木。

どんなに干上がってもそこはエデン。

 

 

 

個性がバラバラの参加者同士が一丸となってクタクタになるほど祈った。

何せ移動がものすごい距離で

車中もそれぞれをキープしながらしっかり自己に向き合っていて

まさにご縁の集団、それ以上も以下もない、人に支えられての満願。

 

私は皆さんのバックグラウンドを何も知ら無いけれど

ただただ、ご一緒できたことを感謝したいです。

本当にありがとう。

 

 

春めいた季節、お花も輝いていた。

f:id:kosui278:20190728001735j:plain

f:id:kosui278:20190728001805j:plain

f:id:kosui278:20190728001828j:plain

f:id:kosui278:20190728001859j:plain

f:id:kosui278:20190728001930j:plain

f:id:kosui278:20190728001958j:plain

f:id:kosui278:20190728002044j:plain

f:id:kosui278:20190728002105j:plain

f:id:kosui278:20190728002930j:plain

f:id:kosui278:20190728002951j:plain