together with global breathing

mabulの光翠、こころが動いたことを綴ります。 永遠に地球が平和でありますように。

桜といえば花見

急遽きまった花見は小石川植物園。 圧巻のソメイヨシノはもとより、各種の桜が順次高らかに開花宣言。 日本で息絶えた桜の品種がイギリスにあり、最近は逆輸入されていると。 ソメイヨシノの寿命が一斉にやっていいている。 そのつぎは、一斉に咲いて散る生…

衣装事

父はサラリーマンだったが、祖母は呉服屋の3代目だった。 わたしたち姉妹はそれぞれ苗字が変わり、元気なうちに、と先月実家を閉めた。 いろんないきさつがあって、 母が嫁入りの時に持たされた着物の一部と桐の箪笥がわたしのもとへ。 (箪笥はわけあって友…

気持は花に

大切な人から、好きなものを贈られる喜びは言葉に表せられない。 知らずに空いた穴に、そっと手を当てられたような気持ちになる。 隙間を埋めるために選ばれてきたチューリップたち。 自分にはと気後れするような深紅の花束。 おはよー、いってらっしゃい、…

夢がつなぐ

毎日ではないけど、ときどき深い印象の夢を見る。 潜在意識の上澄みを眺めるような感覚で コントロールもできないし、意識もできない 目覚めて残るのはストーリーではなくて、ワンシーンの連続 今朝は空港が舞台だった。 国内線から国際線への乗り継ぎをして…

グリーン

祭壇の下は、各地で拾ってきたモノでデコレイトしている。 主に貝殻と珊瑚。 流木、ガラス、石、キャンドルや塩、骨・・・ 鳥取から遊びに来てくれた友人がグリーンを勧めてくれたのでエアプランツを添えてみた。 その後訪ねてきてくれた人、誰にも気が付い…

開花

いったいどこの世界に、桜の開花予報や前線、その初日についてこんな話題にする民族がいるだろうか。 本日はお日柄もよく 風はまだ頬にひんやりだというのに、満を持してぽろぽろと咲き始めた。 思いがけず散策していたのは自由が丘 初めてあるく路地は 友人…

春分2016

FE

ことほぎの香りの今年第2弾、ワークショップは高麗の美しい河原に建つhttpアリサンカフェにて。 http://alishan-organics.com/Alishan2014_organics/alishan-cafe/cafe-info/ ウッディーな会場に美しい祭壇 キャンドルと柔らかな香り 祓うように、川辺からは…

伴奏

世にあまたあるオラクルカードのなか、ご縁で手元にきているTAO(Tree Angel Oracle) 一年の始まりのころには、今年の一枚として伺うことにしている。 喪中が3年続いて、初詣から遠ざかっていたがおみくじは引いていた。 大吉じゃなくても、欲しい言葉がや…

はじまり、はじまり、

新しくスタートのときに 特別な儀式とか、いると思う? そんな深い意識はなく なんとはなしに始まった でも、無意識はどっかで何かしたかったようで 日常の何気ないところへ ちょっとした行動を挟み込んできていた その第一弾は 時 時の始まりなんてだれもわ…

COCOだね!

ハワイに行ってからどっぷりはまった食べ物は、開けたてのマカダミアナッツ。 今も欠かさずおやつ箱に常備されている。 サクサクした触感がまたいい。 飲み物は、ココナッツウオーター。 日本で買うより少し安いし、ぐいぐい体にしみてしみて、ぬるくてもさ…

春の香りは遠くなりにけり

春先の萌出るムズムズした感覚は ぐいぐい伸びて行くる喜びからくるものもあれば ただたんに花粉症で頭全体が霞がかったようなムードであるものもある 大好きな沈丁花の香りで朝の寝ぼけた頭をおこしたいのに 何を食べても味がしないように 嗅覚はしばらく冬…

芽吹き

HP用の写真撮影をしていたら、ぐんぐん太陽が顔を出してきた。 一枚上着を脱いでもあるけそう、そんな散歩の空気に誘われて日比谷。 日曜日の街はどこかゆるんでいる。 ベンチで休みながら歩いている年配の方も、 袖をまくり上げて鳩を追い回して大笑いして…

こぶみかんシャンプー

こぶみかんからシャンプーが作れる 材料はこぶみかんの実と水のみ 厚い皮をそいでいくときのフレッシュな香り ライムに苦みをたしたような 実をザクザク できるだけ細かく 種も多く薄皮もしっかりしている 野性味のある自然のマックルー だいたい、同じくら…

to mabul

to mabul お誕生日おめでとう! お待たせしました まずはあなたが あなたらしくあるために ここに あたらしい一歩を 刻み始めましょう あなたのお名前はね 沖縄の方言をいただいて、すこし作り変えてしまいました 命をいみする「まぶい」 と 珊瑚の「うる」 …

節分2016

FE

本日19時すぎ、みずがめ座14度になって立春(太陽黄系315度、みずがめ座15度)の一両日前となる、節分。 旧暦の大みそか、邪気が生じる季節の始まりに豆をまいて鬼を払うという日。 季節を分けるから「節分」とも言い、日本だけが節分をお祝いするということ…