together with global breathing

mabulの光翠、こころが動いたことを綴ります。 永遠に地球が平和でありますように。

8月の活動報告@熊本

葉月、吉日

 

今月から助っ人が一人加わっての地道なマッサージ活動。

友人のFさん、マッサージの資格もキャリアも貫禄も充分。

お互いの特技が違うので、受けてくださる方の要望にも少し広くお応えできるのがうれしい。

彼女は音楽を持参し、静かな空間に色を添えて時間を演出してくれた。素敵だなあ。ありがとう!

 

今回も二泊三日の時間ではあったが、Fさんのおかげでレンタカーができて

その分だけ少し多くの方へ時間を割けた。ありがたい。

それだけ主幹道路の復旧がまだまだだということも認識。

 

仮設住宅の建設が進み、8月いっぱいで避難所から出られるというお話であった。

しかしなかなか予定通りにはいかないもので、まだ二次避難所の方もいらっしゃる。

阿蘇ファームランドのドームハウスを訪問した。

ドームハウス:地震に強い…被害わずか、600人避難 - 毎日新聞

 

かねてより社協のかたが訪問した時に、

若いお母さんから「アロマを使ったマッサージなどはないか」との声があったと伺っていた。

ドームハウスは丈夫で当座は余震があっても大丈夫ではあるものの、

敷地が広大なためどこに出るのもかなり余裕を見なければならない。毎日の食事にしても、だ。

窓も狭いため、長期にわたる滞在は息が詰まるとの声も上がっていた。

 

アロマの香りで少しでも気持ちが変わればいなーと思いマッサージさせていただいた。

滞在時間も短く、フロントをお借りしての施術で、リラックスできなかったかもしれないが

大変よろこんでいただけた。ありがたい。よかった。アロマ、ありがとう!

 

延べ人数での施術は22名。

お一人はカウンセリング。

8月のクラウドファンディングは21000円。

 

二人分の交通費とレンタカー、滞在中の食費、雑費などが実費でかかるが、

サポートいただけていることに感謝して使わせていただいた。ありがとうございます!

 

 

以下、個人的なこと。

 

台風が関東を直撃してきているときの出立だった。

しかし成田発のjetスター早朝便だけうっかり熊本まで飛んでくれたのであった!

台風が来る前に飛んでしまおう!という謎の一致団結感が半端ない機内。

みんなの気持ちで飛んだぜ~ひゃっほう~♪ ほかのフライトは軒並み欠航になった。

到着してから現地からさみしそうな電話「台風で…東京ですよね…」

とんでもない!いまからお邪魔しますよ~~と晴れ晴れとした空を見上げた。

でも、この滞在があらゆる存在からサポートされ準備されていたかを思い知らされるのはそれからだった・・。

 

じっくり計画準備して臨んでもできないことはあるし、ひょっこりうまくいってしまうこともある。

そういうフローを感じるときは特に抗わないほうがいい。

大切なところにいざなわれているんだ、という感覚だけで委ねる。

意思が働かないところでは遠くから眺めるしかない。

眺めて接して、内からでてこない、遠くからストンと来るものが相手に必用だったりする。

 

滞在中、これが無事に来させられた理由だったのでは、と思うことが毎日あった。

ご縁しかないんだ。

自分でやっている、なんて違う違う!

 

そのいただいたご縁がどこに向かっていくのか全く分からないけれど

つかむ、という感覚を思い出さされ動かされたことを

素直に受け入れていこうと思う。

 

みなさま、出会ってくださって本当にありがとうございます。

実は本当に不束者です。でもよろしくお願いいたします。

 

f:id:kosui278:20160909203520p:plain