together with global breathing

mabulの光翠、こころが動いたことを綴ります。 永遠に地球が平和でありますように。

ありがとう、たっぷりのおねだり。

遠慮を捨てた中年女性ほど無敵なものはない。

そういうわけで、厚かましくも身近な方々へ「ねえねえ、熊本になにかしない?」とねっとり声をかけてまわっている。

 

友人たちは金銭的に協力してくれたし、助成金もいただけたりと、おかげさまで皆さんにささえられて活動できている。

gattoの橋本先生には、毎月のオイルやジェルの作成をお願いしていた。

そしてもう一歩、トリートメント用のベッドと大判タオルが欲しい、とおねだり。

早く言ってくれてよかったのに! と全国にいる生徒さんや繋がっている方へ呼びかけてくださった。

 

さすが橋本チルドレン!少しづつ愛が集まってきています。

すごいー。なんて優しい人たちなんだろう。

見ず知らずの私たちがやっていることを、あっさり信じて手を差し伸べてくれる。すごい。

 

先生は、4月の追悼にむけて手作りお線香を、と提案してくださった。

そのお線香を作るためだけに、多くの生徒さんが時間をやりくりしてgattoにきてくれる。

そしてこのお線香、合成香料は一切なしの100%天然お香。

作るほうはもちろんうれしい、灯すほうは、混ぜ物無しの白檀に包まれること間違いなし。

 

どのような形で現地で使っていただけるかはわからないけど

あったかーい気持ちが、こうやって周りもあったかくさせるんだーって、たくさんの気持を感じます。

この場を借りて、みなさん、ほんとうーに、ありがとうございます。

 

 

f:id:kosui278:20170326223705j:plain

レンタカーを返却した時の夕焼け。

そらのひものような筋雲は、梵字にしかみえなかった。

見えないご加護も強く感じたひととき。

 

豊かさってなんだろう。