読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

together with global breathing

mabulの光翠、こころが動いたことを綴ります。 永遠に地球が平和でありますように。

芽吹き

 

HP用の写真撮影をしていたら、ぐんぐん太陽が顔を出してきた。

一枚上着を脱いでもあるけそう、そんな散歩の空気に誘われて日比谷。

 

日曜日の街はどこかゆるんでいる。

ベンチで休みながら歩いている年配の方も、

袖をまくり上げて鳩を追い回して大笑いしている子供たちも

そして、周りの景色は目にはいってないであろう、見つめあうカップルたち。

 

数え切れないくらいのチューリップの芽、3センチくらいかな、空にこぶしを突きあげていた。

花壇という花壇に数え切れないくらいの新芽が、いまここ、といわんばかりに。

 

真黒な冬という闇をこえ

確実に着実に、季節は巡るのである。

 

誰に教えてもらうわけでもなく。

内在するひとつの指針に素直にすすむだけである。

 

 

f:id:kosui278:20160221220514j:plain