together with global breathing

mabulの光翠、こころが動いたことを綴ります。 永遠に地球が平和でありますように。

half of blood

お彼岸には高野山にあがることに決めてから

血の系譜には甘えてお盆も外して会いに行くことが多くなった。

目をつむるとかすかに感じるルーツのかけら。ああーうれしい。

繋がっていてくれることを、肉体レベルで感じられることは、この世を肯定してるよう。

 

父のお墓を参って

本家の墓がないことも確認し

旧友との欠かせない語らい

母方の血に会いに行く

 

こうじゃなきゃならない、という考え方があって

そのもたらす幸せや安定もしっかりつかみながらも

新しく生まれてくるいのちと紡ぐ時間のあいだに

まったく同じものを引き継がないために生じる

自分で産む、自覚のない、なにかに

流れていくものを眺めている傍観者として

腹をきめて受け入れたい、向かい合いたい、でも時々逃げたい、とー

そういう甘さや緩さも、許せる自分にニンマリできて

これふが生きている手ごたえなんだなーって

ふんわり飛ばすわけです。

 

f:id:kosui278:20161030223536j:plain

f:id:kosui278:20161030223600j:plain