together with global breathing

mabulの光翠、こころが動いたことを綴ります。 永遠に地球が平和でありますように。

Koishikawa botanical garden

雨の植物園はたとえ休日でも人けがなくてほっとする。

ポンチョの親子連れやひとりの若者をちらっと見かけるだけ。

ここには百年単位で成長している方々がいる。

ヒマラヤスギのパインコーンがまだ真っ白。

f:id:kosui278:20170815175020j:plain

夏の樹木に色どりを添えるのは百日紅

集中してみつめ続けると気持ちがざわつく。

レッドチェストナットのような雰囲気がある。

f:id:kosui278:20170815175220j:plain

とお目に見て白い霧がかかるように咲いていたのはエンジュ。

咲いた後に豆のような実をつけている。マメ科クララ属。クララって・・・

蕾が生薬になるそうな。槐花(かいか)っていう。

f:id:kosui278:20170815180445j:plain

水辺に茂っているショウガかなーと思ってみたらミズカンナという花だった。

クズウコン科(くずって・・・)ミズカンナ属

茎頂に円錐状の穂状花序をつけると。

f:id:kosui278:20170815183253j:plain