together with global breathing

mabulの光翠、こころが動いたことを綴ります。 永遠に地球が平和でありますように。

9月の活動報告@熊本

長月、吉日

 

この夏秋のトレンドは台風ではないか、というほどどこへ行っても暴風雨に出くわすここ最近だった。

被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。

 

初秋の南阿蘇は、黄金に染まる稲穂と

小さな双葉をだしたばかりの蕎麦の緑が見事なコントラスト。

流れる風と高くなる空には明らかに季節の移ろいが見てとれた。

 

6日間の滞在、セラピスト2名で、45名の方を施術させていただいた。

クラウドファウンディングは現在のとこ4000円。資材提供もgattより全面的にサポートいただいた。

みなさま、いつもご支援ありがとうございます。

 

8月同様、ファームランドへも訪問。

今までのことを聴かずともお話ししてくださった。

震災のあの日のことは、断片的に詳細で、語るも苦し、語らざるも辛し

しかし伝えることでなにか降ろしているような・・・共有できる時間をただその場にゆだねた。

現在のことに話題が移っても、仮設住宅の完成が延長になったり

先の見えない「待つ」をさせられているような、握れない未来を見せられている感じがした。

 

印象に残った言葉は

「同じ南阿蘇でも被災はこまかく地域によって違う。

だからご近所同士でもなにかしらの遠慮や区別が生まれている」

全壊の隣が無傷、極端な例だがそんなシチュエーションがありうるのだと。

 

災害のたびに世界から絶賛される日本人の我慢や労わり。

でも同じ人間。

お腹の中の気持ちはわからない。

 

非常時は、いのちであればだれだって利己的になる。

それは恥ずかしいというより自然なこと。

だから途切れることなくいのちは繋がってきた。

その気持ちを自覚しコントロールすることで秩序と繁栄を手にしてきた。

 

わたしたちに、だれにでも、そういう思いがあるということに気が付く

そういう苦いおまけもつけて、毎日を感じながらつないでいる人を想った。

 

 

なんとなくワークショップをしたいなあ、と思っていた。 ひらめきでアロマ石鹸を橋本先生と作成して持参した。

 

すべての人へお渡しできるほどの数はなかったけど 小さい子と一緒のお母さんの手に渡ってくれたようす。

 

当たり前に自然がある南阿蘇には、必要ないかもしれなかったけど 自己満足のプレゼント、受け取っていただけて幸せでした。

 

f:id:kosui278:20160918233730j:plain

 

 

以下、個人的なこと・・・

 

毎回が「なんじゃ~!?」っていうシンクロニシティや出会いで満ちている訪問。

施術を一日終えて、体を癒すのは地元の温泉。

ホクホクと日参していると毎回お会いする方が出てくる。文字通り裸のお付き合いに。

地元の方に顔を覚えられたり、クライアントさんにお会いしたり

もう会うこともないと思っていた人にもあったり、ドラマな再会は驚きと喜び。

そういう嬉しい深まりがある一方で、衝撃的なお別れの方もいる。

プライバシー保護の観点からかけないことばかりだが、とてもこころを痛めている。

心配は相手のエネルギーをいい方向へは引かないので、できるだけ明るいイメージを送っている。

 

あまり畳みかけないで。どうぞ、お手柔らかに。

 

 

 

ベッドの上で

昭和38年豊かな北陸の農家に生まれた僕は、生まれながらに全盲だった。

祖父が親族に話した。

「皆には健康な体をあげることができた。この子にもできることをしてやりたい。」

何人かは反対したが、父と祖父は山と畑を一部売却し、東京の病院へ通った。

 

有名な大学病院でも断られるほど何もできないで困っていたときに

母はどこかのお地蔵さんにお祈りをした。

お地蔵さんが「北にいい医者がいる」と告げた。

実家に帰りそのことを知人らに話したところ、地元のある病院の眼科医の知人がアメリカ帰りで

手術が受けられるかもしれないとの情報が入った。

 

5歳で7回手術を受け、眼振はなくならなかったけど右目だけ少し見えるようになった。

両親の力強いサポートで小学校から中一まで普通の学校に通った。

中二になるとき見えない範囲が拡大し、自分で決めて盲学校へ編入した。

 

 

自分はほかの人と変わらない

同じ人間なんだ

出自や外見なんて関係ない

どれだけ頑張って一人でやっていけるか、やってみないとわからない

 

 

「僕」は人知れず名医で毎日忙しく鍼灸師として働いている。

いつも下ネタトークで爆笑なのだが

今日は「出自」という差別について思うところがあり先生にあれこれお話していた。

先生が今まで聞いたことがないご自身のストーリを話してくださった。

聞いているだけだったけど

初めて先生のご苦労を感じられた気がした。

 

 

自分の気持もわからないのに

相手の気持なんてわからないなあ

 

 

8月の活動報告@熊本

葉月、吉日

 

今月から助っ人が一人加わっての地道なマッサージ活動。

友人のFさん、マッサージの資格もキャリアも貫禄も充分。

お互いの特技が違うので、受けてくださる方の要望にも少し広くお応えできるのがうれしい。

彼女は音楽を持参し、静かな空間に色を添えて時間を演出してくれた。素敵だなあ。ありがとう!

 

今回も二泊三日の時間ではあったが、Fさんのおかげでレンタカーができて

その分だけ少し多くの方へ時間を割けた。ありがたい。

それだけ主幹道路の復旧がまだまだだということも認識。

 

仮設住宅の建設が進み、8月いっぱいで避難所から出られるというお話であった。

しかしなかなか予定通りにはいかないもので、まだ二次避難所の方もいらっしゃる。

阿蘇ファームランドのドームハウスを訪問した。

ドームハウス:地震に強い…被害わずか、600人避難 - 毎日新聞

 

かねてより社協のかたが訪問した時に、

若いお母さんから「アロマを使ったマッサージなどはないか」との声があったと伺っていた。

ドームハウスは丈夫で当座は余震があっても大丈夫ではあるものの、

敷地が広大なためどこに出るのもかなり余裕を見なければならない。毎日の食事にしても、だ。

窓も狭いため、長期にわたる滞在は息が詰まるとの声も上がっていた。

 

アロマの香りで少しでも気持ちが変わればいなーと思いマッサージさせていただいた。

滞在時間も短く、フロントをお借りしての施術で、リラックスできなかったかもしれないが

大変よろこんでいただけた。ありがたい。よかった。アロマ、ありがとう!

 

延べ人数での施術は22名。

お一人はカウンセリング。

8月のクラウドファンディングは21000円。

 

二人分の交通費とレンタカー、滞在中の食費、雑費などが実費でかかるが、

サポートいただけていることに感謝して使わせていただいた。ありがとうございます!

 

 

以下、個人的なこと。

 

台風が関東を直撃してきているときの出立だった。

しかし成田発のjetスター早朝便だけうっかり熊本まで飛んでくれたのであった!

台風が来る前に飛んでしまおう!という謎の一致団結感が半端ない機内。

みんなの気持ちで飛んだぜ~ひゃっほう~♪ ほかのフライトは軒並み欠航になった。

到着してから現地からさみしそうな電話「台風で…東京ですよね…」

とんでもない!いまからお邪魔しますよ~~と晴れ晴れとした空を見上げた。

でも、この滞在があらゆる存在からサポートされ準備されていたかを思い知らされるのはそれからだった・・。

 

じっくり計画準備して臨んでもできないことはあるし、ひょっこりうまくいってしまうこともある。

そういうフローを感じるときは特に抗わないほうがいい。

大切なところにいざなわれているんだ、という感覚だけで委ねる。

意思が働かないところでは遠くから眺めるしかない。

眺めて接して、内からでてこない、遠くからストンと来るものが相手に必用だったりする。

 

滞在中、これが無事に来させられた理由だったのでは、と思うことが毎日あった。

ご縁しかないんだ。

自分でやっている、なんて違う違う!

 

そのいただいたご縁がどこに向かっていくのか全く分からないけれど

つかむ、という感覚を思い出さされ動かされたことを

素直に受け入れていこうと思う。

 

みなさま、出会ってくださって本当にありがとうございます。

実は本当に不束者です。でもよろしくお願いいたします。

 

f:id:kosui278:20160909203520p:plain

 

 

 

 

 

 

 

9step

あるとき、ある瞬間に、うまれ現れる

生まれたものを分ける

分かったものを再生させる

サイクルの過程で形にする

形になったものが頂点に立つ、時としてそれは人

頂点を極めたのちは調和が生まれる

調和をさらに進化させるための光がくる

さらに取り込んで立体になる

多元性を秘めた放射の中心が抜け落ちて解体する

 

私たちはその循環を繰り返し、上昇気流に乗って別の次元を旅する

らせんの一部であるプロセスを

ただひたむきに果てしなく上り詰めていく

 

そのためのあらゆることだと

いつかどこかで肩の力が抜けるまで

 

f:id:kosui278:20160811211446j:plain

 

 

 

Your brightness

暑い時にはなぜか熱い音楽。BGMはルイアームストロング。こぶしも語りもストロング。

もとい、

7月から始めた星にまつわる活動について。

 

着物のお直しを頼んだ高畠海さんは、自由ヶ丘の隠れ家カフェワインバーの一角にミシンを構えていた。

落ち着いた雰囲気と空間、ここで静かに勉強やセッションできればいいなあーと。

店長の中島さんにうかがうと、いいですよーと快くOKをくださって。

まずはイベント的に始めよう、お客さんの邪魔をしないように、など考えながらひっそりスタート。

 

星読みは自己流で自己満足だけだったけれど

ホロスコープとその人を重ねて出会いたい、そこからまた教えてほしい、

そんな思いが背中を押し、あふれ出るように始まった。

ひとりひとりの持つ光に魅了され、圧倒されっぱなし。

羅針盤を通して気が付かされるその人の輝きと、自分の視座。

 

シェアできる場を重ねていけますように。

 

 

nucafe and kosui コラボイベント
**********************

隠されたミッションが、すべての人に託されている
隠し場所は誕生日  
ミッションを最も達成しやすいような光をもってこの世に誕生した

その光を輝かせていますか?  
あなたの弾ける魅力を、あなたは知っていますか?  

星がささやくあなたの知らないあなたを  
一緒に見つけていきましょう

あなたはそのままで美しい

ホロスコープのささやきから  
あなだけの光を聴きましょう

**********************

誕生日のチャートからあなたの光を見つけていきます。
(チャートはお渡しできません)
だいたい毎週木・金曜日。19~22時まで座っています。
45分、3000円。予約制ではありません。
事前にご予約いただいたほうが時間いっぱいお伝えできます。

生年月日、時間、出生場所、ご来店日時を事前にこちらまでご連絡ください。
カフェの一角をお借りしているので、ドリンク一杯ご注文お願いいたします。

nucafe 

洋服のお直しとカフェが融合したお直しカフェ | nucafe

 

 

f:id:kosui278:20160801184107j:plain

星読みカフェ

なぜか無性に聞きたくなって、ニールヤング。

渋い。湿度倍増の熱い声にまた汗がにじみ出てくる。

 

もとい、さわやか告知いたします。

 

「星読みカフェ~ホロスコープから自分自身のありかたを理解する~」

・世間でいう星占いとはちょっと違う

・自分の星座(太陽星座)は何を表しているか

・月星座を知ることが自分を知ることの第一歩

日時:2016年8月20日(土)13~15時30分

料金:3,500円 (当日現金で)

場所:戸越公園付近 

※必ず出生時間を調べておいてください。当日、チャートを作成します。

 

太陽星座だけでは自分を限定できない時代になりました。

だれもが月や金星、火星、水星を使って生きています。

いわゆる星占いがしっくりこない方、はじめてホロスコープに触れる方、

自分の周りの方々を星から見立ててみたい方、星読みへの第一歩をご一緒しませんか。

占星術師の東海豊さんを招き、初めての方が読みやすいようにご説明してゆきます。

お茶しながら☆の声を聴きましょう!

 参加表明のあった方へ場所の詳細をお伝えします。

 

東海 豊の星読み

 

f:id:kosui278:20160801153442j:plain

7月の活動報告@熊本

文月、吉日

梅雨明けした南阿蘇はどれだけ高原気候になってすがすがしくここちよいだろう!と胸躍らせ熊本空港。
さあ!と外に出たら土砂降りの大雨。

事務所では「ずうーっと晴れて暑かったよ~」と言われ。
おやおや、龍神の御ひざ元でそんなことを言われるとは、と思いつつも大歓迎の洗礼をうけ活動開始。

 

今回は宮崎在住のタイ古式マッサージをされるAさんがワンデー参加をしてくださった。
初めてお会いするとは思えない温かい笑顔。5人の施術予定。
わたしもAさんから施術受けたい・・・という言葉を飲みこみコーディネーターの方と消えていく背中を見送る。
Aさんのサロンはこちら。http://b-u-a.com/

今回の滞在は二泊三日と短く、一人でも多くの方に施術を受けていただきたいと予約表も作成。
トクセンとアロマトリートメント、タイ式ストレッチなどのコンビネーション。無事に予定以上に12名を施術。

一か月前とは違うお体とお心の状態を手から肌から感じつつ、どれほど皆さん頑張っているんだろうと。
がんばってきたんじゃない、頑張り続けているんだなあと。

 


施設の方がまとめた報告書をいただいてこの3か月をシェアしていただいた。

阿蘇登山道はもとより、阿蘇大橋、俵山トンネルが崩壊。
熊本市内との連絡道をほぼ絶たれ陸の孤島となった南阿蘇
かろうじてつながるWi-Fiなど駆使し専門職ボランティアとコーディネーターを要請。
ライフラインはほぼ機能停止。

無事だった湧水を汲み生活用水を確保、ガスはプロパンだったので残りで対応、発電機を求め奔走。
安否確認のとれない方、在宅対応の方、利用のなかった方も
一人では生活が厳しい近隣の方々も受け入れ、何倍ものエネルギーで利用者さんを支えた。
そして益城町西原村の隣にもかかわらず遅れる支援だけでは持たないとの判断で
自力で「みなみ阿蘇福祉救援ボランティアネットワーク」を立ち上げる。

SNSやネットでの呼びかけに全国から有資格者が手弁当でやってきた。
介護看護ボランティア実数305人、延べ人数は1206人と。
そして三か月の時間が過ぎて、徐々に元の状況に戻りつつある。
そのお心の中はわからないが、7月いっぱいで介護看護専門職のボランティア受け入れは停止する。


走り続けてきた職員の方々もいわゆる「被災者」。
自宅や家族、自分自身を後回しにしてきたどこかで体の不具合に気が付き始めている。

こんな状況でわたしは「体の声を聴きましょう」などと平和な言葉を口にする。
みなさんの苦労の片鱗も知らない私の声を聞いてくださる。
どこまでも受け入れようとしてくださる。
そんな思いもビシバシ感じながら厚かましくも皆さんに宿題も出す。

「次の施術まで深呼吸、腰と首・肩回し、毎日やりましょう。歩きましょう。来月またお体を見せてください。」

皆さんがもう結構とおっしゃるまで、もう少しかかわらせてください。

 

6,7月を合わせたクラウドファンディング、32000円でした。

すべての資材(アロマオイル、ジェル、など)

提供はgattの橋本先生より。

gattoファクトリー - gattoアロマテラピースクールの小部屋

マンパワーの提供は宮崎からAさんのマッサージ。

 

本当にありがとうございました。

8月以降はマッサージ師がもう一人増えての活動になります。

みなさまの温かいご支援、引き続き心よりお待ちしております!

 

 

 

f:id:kosui278:20160801151528j:plain

 

茶色がすこし広がっている阿蘇山