together with global breathing

mabulの光翠、こころが動いたことを綴ります。 永遠に地球が平和でありますように。

仮設、再び

まずは風が

そして雲がうずを作り集まってくる

低気圧の予感

台風の前はドキドキした

なにか思いもかけないことが始まるのではないかというワクワク

言葉にならない不思議なきもちになった

手の届くところに未来があるような

 

そんな気圧の変化を体で感じる人もいる

「雨が降るまえはわかる。体がおしえてくれるわ。」

 

37年続いたペンション、大家族でのにぎやかな暮らし

引きも切らない全国からのお客さんを迎える喜び

全部なくなって、どうしていいものなんでしょうね、と。

 

 

 

あの日まではどこにも不都合のない元気な私。

あの日から病気のオンパレード。

「もう病院通いにも疲れました。なんのために生きているんでしょうね。」

先月のマッサージでは泥のように疲れ切っていた方。

ほんのわずかなタッチでも劇的に変わるのだが、繊細だからか気持ちが落ち込むのも早い。

 

 

 

こわれたものは、完璧にまったく戻ることがあっても

壊れた時を経た自身でうける印象や感じってまたちがう。

まったく同じ、っていうのはそういう意味じゃない。

 

 

 

予約の方がほっこり全て終了して、お茶を出していただいた。

さすがペンションのオーナー、

美しい花柄のティーカップセットでおいしい紅茶を入れてくださった。クッキーを添えて。

 

小一時間4人でにわか女子会。おしゃべりはとまらない。

 

 

そとは風がやんで雨が

永遠を告げるように降り続いていた

 

 

 

f:id:kosui278:20170620214648j:plain