together with global breathing

mabulの光翠、こころが動いたことを綴ります。 永遠に地球が平和でありますように。

6月活動報告@南阿蘇+益城福祉仮設

水無月 入梅の声をきいてからの空梅雨はこの数年の傾向かもしれない。 蜂の巣もすぼめ気味・・ 今月はセラピスト3名の参加で37名の方を施術。 南阿蘇にある大きな仮設住宅は6か所あり、そのうちの2か所を訪れることができた。 また、個人的に繋がっていただ…

仮設、再び

まずは風が そして雲がうずを作り集まってくる 低気圧の予感 台風の前はドキドキした なにか思いもかけないことが始まるのではないかというワクワク 言葉にならない不思議なきもちになった 手の届くところに未来があるような そんな気圧の変化を体で感じる人…

本日の出会い

南阿蘇で滞在させていただいているところはお山の中腹にある別荘地。 6月、日が伸びた夕暮れに到着した時にドライバーのℱさんはハクビシン?を目撃。 今月はキジタ(たびたび目撃している雉)にあえるかな~と、声はすれども姿は見えず。 昨年は別荘の近く…

断捨離のながれ

思い立ったら始めることに抵抗がないので一年中こと始めになりがち。 しかしー ここんところ始めたもののまったく続けられないという状況に陥り 大枚はたいて辞めざるを得ないということが頻発している。 たいていは、期限があり、頻度があり、お金が発生し…

今夜の二本

「Born to be blue」 トランペット奏者、チェット・ベイカーのどん底から這い上がってくるまでのドラマ。1960年代、マイルス・ディビスなどの黒人一色のジャズ界に白人スター現る。でもお約束でドラッグと暴力にからめとられ。チェットをイーサンホークが、…

セルフグリーフケア ⑧

平成27年8月26日 義兄とのコミュニケーションはもっぱら雰囲気だった。 コーマワークといってもいいかもしれなかった。 でも、一対一で対話する機会はないままだった。お看取りの数週間前までは。 親戚から聞いた彼について。 小学校にあがるぐらいからか、…

セルフグリーフケア ⑦

平成26年9月2日 義父には結婚して10年のあいだに何度会いに行っただろう。 毎年は帰省していないから数えられるくらい。 6月に癌がみつかるまではすこぶる元気で車を飛ばして帯広から札幌まで野球観戦にいくほどだった。 初めて紹介されたときも元気いっぱい…

セルフグリーフケア ⑥

平成25年4月16日 春の兆しもまだ遠い、雪の残る田畑がひろがる姉の嫁ぎ先で父は亡くなった。 妻を亡くした夫は寿命が短くなるという統計をまずまず裏切って 父は母が旅立って13年生きた。 男性の平均寿命にもやや届かなかったけれど、 パーキンソン病や胃が…

セルフグリーフケア ⑤

平成12年1月25日 静かに静かに 慎重に積もった雪が舞いあがるように寒くて音のない夜だった。 前年の3月ころ 父が退職する少し前 治らない風邪を一冬抱えて受診した母に待っていたのは悪性腫瘍疑いの宣告。 鼠蹊部の腫れが気になって、なんか少し痛いし、脱…

セルフグリーフケア ④

平成9年2月12日 父の父である祖父がなくなったのは94歳になる直前だった(かも。) どういう経緯で祖母と出会い婿にはいったのか、 戦争をくぐり抜け妻の家業の呉服屋に従事することなく勤め人として仕事を納めた。 私が物心ついたときは祖父は茶の湯を趣味…

セルフグリーフケア ③

父の母、祖母はカッコいい人だった。 お嬢育ちなのに分家し家業を継いでからは苦労の連続。 保証人になったばっかりに身ぐるみはがされ路頭に迷ったこともあった。(とか。) 新しいものが好きで、派手なものも変なものも構えずに家業へも取り入れていたので…

セルフグリーフケア ②

叔父について。 どうして、こうも書き進められない痛みがはしるんだろう。 それはとうに彼の痛みではないはずで 30年近くたっているにもかかわらず、彼を愛し続けている妻と子供たちの想いのほかに なにがあるといえるんだろう。 何も知らない私が叔父さんに…

セルフグリーフケア ①

伯父さんから聞いた祖父はまったく知らない人物だった。 幼くして両親を失い、さらに幼い妹は寺に預けられ 祖父はまだ体も少年だった時分から身を粉にして働いていたという。 お金になるような仕事は何でもやった、でも妹をに養えるほどにはならないため 事…

hope

時計を確認したのはそのあとだったけれど午前3時。 どのくらいの時間夢の中で横たわっていたのかわからない。 腹部が拡大しており、白い地図を大きく広げたようになっていた。 上からお腹がみえるようになっていて誰かがまわりにいるような気配がある。 白い…

スイカズラ

FE

ハニーサックルが日本に入ってきてスイカズラになった。 ジャポニカハニーサックル、とでも言おうか。 たびたび街中で目にするようになったのは育てやすく強いからだろう。 白い花は下から順番に咲き、やや細長い葉は部分的に貫生葉、バッチの選んだそれとは…

南阿蘇、春のギャラリー

5月ってなんてきもちがいいんだろ どんなお天気だってどの植物もキラキラ輝いている 名前を知らない子たちも、知ってる子も、みんながもりもりと育っている 種を突き破り、土や殻をかき分けて地表に出てくるときとも違うパワー 地上での新鮮な風になでられて…

有償ボランティアへ

南阿蘇でのマッサージボランティア活動は、6月で一年を迎えます。 個人的に始めたことなので、個人的にブログで書いていくだけなのですが 関わってくださる方も増えてきてますので、できるだけ情報はオープンにしていきたいと。 (会計はだいぶ大どんぶり勘…

5月 活動報告@南阿蘇

皐月 日本中に桜旋風が巻き起こった後のみどり 田んぼに張られた水に映るそらいろも、春の雰囲気をふんわりうつしている あらわになっていた土が周りから芽吹いた緑にいたわられていく 彼らにはどこからが傷でどこからがかさぶたかなんてないのかも 5月のマ…

4月活動報告@南阿蘇

卯月 きっと忘れない月になる熊本 春の訪れがさらに切なくなる記憶を胸に、だれもがまだこないその日を予感して 奇しくも予約した最安値の飛行機が到着したのは4月15日。 はからずしも、はかられたような、このマッサージ日程が決まってから まだ土の奥深…

パッキングほやほや~

旅は思い立ったときから始まっている ああ、これいいなー こうだったら素敵 そんな気持ちの時はもうすぐそこに 物理的な距離も、相手のことを何も知らなくても ぎゅーんと労わる心は飛んでいってる、とっくの昔に そして実際にこうして運ばれて行くのでした …

内緒です

友達に勧められて巨樹に会いに行った。 樹齢1000年は軽くこえているであろう楠。 悠久という文字通りのたっぷりした存在感。 春の陽気をはこぶ風が細かい新緑を舞い上げる。 こんなに大地を確実につかまえる根はないのでは。 うきうきと楠に絡みついて周りで…

ありがとう、たっぷりのおねだり。

遠慮を捨てた中年女性ほど無敵なものはない。 そういうわけで、厚かましくも身近な方々へ「ねえねえ、熊本になにかしない?」とねっとり声をかけてまわっている。 友人たちは金銭的に協力してくれたし、助成金もいただけたりと、おかげさまで皆さんにささえ…

作家のみている世界

お香のクラスで知り合い、半年共に学ぶ仲間にキャンドル作家の女性がいる。 誠実でゆっくりと言葉を選ぶ初対面の印象とはまた違い、もっと柔らかい空気を演出できる色の使い手だった。 キャンドルといえば、毎朝つかう白いシンプルなものぐらいの知識しかほ…

3月の活動報告@南阿蘇

弥生の早春、まだまだ寒波は居残ります。 毎朝表情を変える阿蘇山には心を打たれます。思わず合掌したくなる雲海。 このたびの滞在は4泊5日、延べ32名の施術をしました。 うち1名は動けないとのことでご自宅まで出張してきました。 日本において3月は年度末…

2017年1月活動報告@熊本

年も改まり、睦月。 予想通りの寒さにおいうちをかける寒波。 田畑からは霜柱がせり出し、山頂にかかる雪雲は重く動く様子もない。 凍り付いて開けられない窓から見える空には、途切れることなく雪が舞っていた。 今回の滞在は6泊7日。うち、1日は下野の仮設…

day-off ☆彡

お休みの前日からもうお休みはやってきていて、ℱさんと地酒を温めて酌み交わす夕べ。 力いっぱいやるべきことが用意されていることを力いっぱい楽しんでできる、 その労働というにはあまりに充実した時間を「仕事」と呼ぶことができればいいんだけど。 遅く…

12月の活動報告@南阿蘇

師走 時候の挨拶にぴったりの寒さがやってくる冬の訪れ なだらかな外輪山の山肌が黄色く輝き、草葉の間に残るのは骨ばった幹と枝 こうして瞼が閉じるように時間を受け入れていく変化を眺め 昼の時間が短くなる様子を肌で感じることができる 今月は3泊4日、マ…

トリートメントルームへようこそ

こちら、毎月少しずつ快適さを増している施術ルーム。ℱさんバージョン。 カラフルなタオルがまた彼女らしい雰囲気を醸し出しています。 支援物資の毛布やタオルもバッチリ利用できており、広い空間を十分生かしています。 さすがに段ボールベッドに二人が乗…

11月の活動報告@南阿蘇

霜月 霜がしっとりと降りた落ち葉をふみふみ、滞在中の日課である朝の散歩 どこもかしこも、草という草、樹木という樹木 それぞれにすっかり衣替え 遠くにのぞむ山肌も ドライブで抜けるグリーンロードも これぞ紅葉といわんばかりに秋の色に染め上げられて…

10月活動報告、追加

肝心なことを報告忘れました。 10月施術は26名。うち3名は仮設住宅へお邪魔して。 クラウドファンディングの援助、17000円。 私ども二人分の10月分の交通費を全額、「となりのかいご」様より援助いただきました。 ありがとうございます! となりのかいご・・・様につ…

プロセスワーク入門・・・か!?

一年のうちで一番大切なのはいつだろう お誕生日か記念日か命日か アリスはうさぎから聞きました 誕生日以外がすべてアニバーサリー うさぎの言葉は暗号暗示 「あなたの認識しだいだよ」 そうなんだろうな 今日は入門 楽しくも不可解な二日間を経て ゆったり…

half of blood

お彼岸には高野山にあがることに決めてから 血の系譜には甘えてお盆も外して会いに行くことが多くなった。 目をつむるとかすかに感じるルーツのかけら。ああーうれしい。 繋がっていてくれることを、肉体レベルで感じられることは、この世を肯定してるよう。…

10月の活動報告@熊本、南阿蘇ね

10月吉日 相変わらず快適なフライトとドライブを経て、またも故郷を彷彿とさせる南阿蘇へお邪魔いたしました。 どんなことにも好みがある。 マッサージにも良し悪しと思うひとがいるのは当然。 だいたい、毎回お会いできるお顔がわかってきて再会を喜びと…

9月の活動報告@熊本

長月、吉日 この夏秋のトレンドは台風ではないか、というほどどこへ行っても暴風雨に出くわすここ最近だった。 被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。 初秋の南阿蘇は、黄金に染まる稲穂と 小さな双葉をだしたばかりの蕎麦の緑が見事なコントラスト…

ベッドの上で

昭和38年豊かな北陸の農家に生まれた僕は、生まれながらに全盲だった。 祖父が親族に話した。 「皆には健康な体をあげることができた。この子にもできることをしてやりたい。」 何人かは反対したが、父と祖父は山と畑を一部売却し、東京の病院へ通った。 有…

8月の活動報告@熊本

葉月、吉日 今月から助っ人が一人加わっての地道なマッサージ活動。 友人のFさん、マッサージの資格もキャリアも貫禄も充分。 お互いの特技が違うので、受けてくださる方の要望にも少し広くお応えできるのがうれしい。 彼女は音楽を持参し、静かな空間に色を…

9step

あるとき、ある瞬間に、うまれ現れる 生まれたものを分ける 分かったものを再生させる サイクルの過程で形にする 形になったものが頂点に立つ、時としてそれは人 頂点を極めたのちは調和が生まれる 調和をさらに進化させるための光がくる さらに取り込んで立…

Your brightness

暑い時にはなぜか熱い音楽。BGMはルイアームストロング。こぶしも語りもストロング。 もとい、 7月から始めた星にまつわる活動について。 着物のお直しを頼んだ高畠海さんは、自由ヶ丘の隠れ家カフェワインバーの一角にミシンを構えていた。 落ち着いた雰…

星読みカフェ

なぜか無性に聞きたくなって、ニールヤング。 渋い。湿度倍増の熱い声にまた汗がにじみ出てくる。 もとい、さわやか告知いたします。 「星読みカフェ~ホロスコープから自分自身のありかたを理解する~」 ・世間でいう星占いとはちょっと違う ・自分の星座(…

7月の活動報告@熊本

文月、吉日 梅雨明けした南阿蘇はどれだけ高原気候になってすがすがしくここちよいだろう!と胸躍らせ熊本空港。さあ!と外に出たら土砂降りの大雨。 事務所では「ずうーっと晴れて暑かったよ~」と言われ。おやおや、龍神の御ひざ元でそんなことを言われる…

なんちゃって、クラウドファウンディング!

先日のブログで大切なことを書き落としていたので、告知しておきます。 クラウドファウンディングしてくださる方々へ。 こんな個人の想いを組んでくださってありがとうございます。 愛すべき奇特なみなさま。 私が皆さまへ提供できることを提示します。 ☆資…

水と炎の国、熊本

熊本の南阿蘇に行ってきました。 長くなりますが、シェアとお願いを書かせてください。 このお引き合わせにたくさんの方々の声かけや温かい後援がありました。 真っ先にカンパをしてくださったスーパーバイザーのM先生、ありがとうございました。 アロマの資…

終わりは始まり

なないろハウスさんでソウルギャザリングという催しがあることを知り なにも考えずに参加表明。 一か月前に衝動的にフリーマーケットを決めてしまった、 こういうことをやっていくことに、どこか抵抗があって 表に出ることを拒んでいる自分はとうに見つけて…

秩父、三峯神社と奥の院ハイキング

土曜日は6月の夏日だった。 ベランダの緑を気にしつつボランティアの研修と称した、三峯奥の院ハイキングのため秩父へ前日入り。 友人のお引き合わせで、鏡作家の方と打ち合わせ。 PetalsGlassStudio:TOP 沖縄のこと、植物、宇宙や数の話、下ネタもありで、…

パクチー熱

タイの香りはみずみずしいパクチーの風を含んでいる そう認識して胸いっぱい吸い込めるほど好きになったのはごく最近 暑い国の熱い香草、初めて食べたときはなんだこのシャンプーのような香りは??となじめなかった でもタイ料理を食べるうちに欠かせないア…

プロセス志向のヘルスケア

コーマワークからのいざないで、本当にごくたまにお邪魔しているプロセスワーク。 今日はアートを用いた心と体のヘルスケアにヒントをもらいに参加してきた。 アートセラピーをどこまで楽しんで、体験できるかな、どんなプロセスが待っている・・・という期…

竹かんむりに旬、すばらしいネーミング。 今年もゆでたい衝動を抑えきれず、夜から筍作業を始めてしまいます。。。 お米のとぎ汁をとっておけばよかったとか、この大きさなら3つはいける、とか 八百屋とスーパーを物色しながらも毎年ゆでてあるのには惹かれ…

花見納め

人込みは好きじゃないけど、あまりに誰もいないのもさみしいもんで 花見のときは覚悟して出かけたけどすさまじい行列だった新宿御苑。 新宿門じゃなければ並ばなくても入れるのだと学習、しっかり記憶。 ここは日本じゃないかも、外国語が元気に飛び交う芝生…

family crest  カモン

古くは平安時代にまでさかのぼるらしい、家紋の起源。 他者と自己を、同族か否か、見分けるためのシンボルに過ぎなかったものが 時には権威を表す象徴にもなった時代もあった。 関西には女紋という概念があり、嫁いだ先でも実家の紋を使うこともままあると。…

今年は寒さも手伝って桜の花期が長い。 こういうときには声をかけてくれる人がいるもので、普段は入れない場所へも足を延ばした。 日立中央研究所庭園 敷地は東京ドームの4.4倍(こう書いてあってもよくわからんけど広い)の広さに 豊かな森を残しながら美し…